ちづるのもっと!ぬりえライフ

大人の塗り絵(コロリアージュ)を通して、自身の体験をもとに、ぬりえライフをもっと楽しむための情報を発信しています。

MENU

クリスマスプレゼントはステッドラーの水彩色鉛筆カラトアクェレル!内容をご紹介

みなさん、こんにちは。

先日、少し早いクリスマスプレゼントで、夫に水彩色鉛筆を買ってもらいました。

ステッドラーの水彩色鉛筆・カラトアクェレル60色セットです!

ステッドラー 水彩色鉛筆 カラトアクェレル 125 M60  60色

ステッドラー 水彩色鉛筆 カラトアクェレル 125 M60 60色

  • 出版社/メーカー: ステッドラー
  • メディア: オフィス用品
  • クリック: 3回
 

前から気になってはいたものの、自分にはまだ早いと我慢していた水彩色鉛筆。

しかし、「今我慢したってきっと来年買うんだし……」と自分の中で何かと理由をつけて、結局買ってもらうことにしました。

大人ってずるい!笑

そこで今日は、ステッドラー水彩色鉛筆の内容をご紹介します。

まだ使っていないので、塗り心地は後日改めてご紹介しますね。

 

水彩色鉛筆カラトアクェレルについて

・ステッドラーはドイツのメーカー。

・水彩色鉛筆は濡らした筆と合わせて使うことで、水彩画のような表現が可能。

・全60色。

・単色から購入可能。

海外メーカー×水彩色鉛筆×60色という組み合わせで、プロになった気分を味わえそうです。 

公式HPはこちら。

製品紹介(Products):カラト アクェレル 水彩色鉛筆 | STAEDTLER Japan website!

 

外観

f:id:chizurumaro:20151216205102j:plain

ケースの裏には、各国の言語で製品の簡単な説明が記載されています。

f:id:chizurumaro:20151216205259j:plain

ケースの大きさ、厚さともに、MacBookProの13インチと同じくらいでした。

f:id:chizurumaro:20151216213418j:plain

f:id:chizurumaro:20151216205810j:plain

60色セットだけあって、ケースもなかなか分厚いです。

 

いざ、開封の儀!

パカッ

f:id:chizurumaro:20151216214321j:plain

……あれ?30色しか入ってない?

いえいえ、実は2段重ねになっているんです。

f:id:chizurumaro:20151216214412j:plain

だから厚みがあったんですね。

並べるとこんな感じになります。

f:id:chizurumaro:20151216214610j:plain

は〜!素敵!

 

中には小冊子が入っており、色見本(カラーチャート)が載っています。

f:id:chizurumaro:20151216214928j:plain

おそらく実際に塗った色と、この印刷された色は微妙に異なることが予想されます。

そのため、後日自分で色見本を作る予定です。

濡らさずに塗った場合と、濡らした場合の2パターンを作ります。

水筆ペンも一緒に買ってもらったんですが、配送が別々になったのでまだ届いていません。

水筆ペンが届き次第、早速色見本を作ろうと思います。

 

いろいろな角度から撮影してみた

f:id:chizurumaro:20151216215930j:plain

f:id:chizurumaro:20151216215945j:plain

f:id:chizurumaro:20151216220138j:plain

見ているだけでたまりませんね〜!

待ち受けにしたいくらい。

 

ひと通り色鉛筆は揃った気がする

これで私の持っている色鉛筆は3種類になりました。

1番最初に買ったのが、三菱の油性色鉛筆36色セット。

三菱鉛筆 色鉛筆 880級 36色 K88036CP

三菱鉛筆 色鉛筆 880級 36色 K88036CP

  • 出版社/メーカー: 三菱鉛筆
  • メディア: オフィス用品
 

大人の塗り絵を始めるときに購入しました。

 

先月、自分への誕生日プレゼントとして買ったのが、油性色鉛筆・色辞典90色セット。 

買ったばかりでまだあまり塗っていません。

これからの楽しみの一つです。 

 

そして3つ目が、今回クリスマスプレゼントとして買ってもらった水彩色鉛筆です。

油性色鉛筆、水彩色鉛筆、それぞれ色数も多いので、これだけあれば大丈夫でしょう。(多分)

水彩色鉛筆はパステル同様初体験なので、慣れるまで時間がかかりそうです。

幸い塗り絵本はたくさんあるので、あれこれ塗って試してみたいと思います。

 

終わりに

みなさんは、クリスマスプレゼントお決まりですか?

今年1年頑張った自分へのご褒美に、憧れの色鉛筆を買うのも素敵ですね^^

次の記事では、ステッドラーの水彩色鉛筆を選んだ理由について書いてみたいと思います。

では、また次回〜。

 

次の記事>「ステッドラー水彩色鉛筆を選んだ理由」はこちら

 

こちらの記事もどうぞ