ちづるのもっと!ぬりえライフ

大人の塗り絵(コロリアージュ)を通して、自身の体験をもとに、ぬりえライフをもっと楽しむための情報を発信しています。

MENU

リベンジ塗り② 赤い花びらのお花を塗りなおしました

現在、大人の塗り絵で初めて塗った作品をリベンジしています。

f:id:chizurumaro:20200319122216j:plain

2015年に塗った塗り絵本「ひみつの花園」の1ページ。

こちらを、当時と同じ色鉛筆、同じ配色で、今塗りなおしたらどんな感じになるのか。

その様子をご紹介しています。

 

前回は、1つ目のお花を塗りなおす様子をご紹介しました。

www.chizurumaro.com

今日は、赤い花びらのお花を塗りなおしていきます。

 

使用した塗り絵本

2015年に使用したのは塗り絵本「ひみつの花園」ですが、今回は「ひみつの花園 アーティスト・セレクション」を使用しています。

アーティスト・セレクションは、著者のジョハンナ・バスフォードさんが、塗り絵本「ひみつの花園」から選んだ20枚の塗り絵が収録されています。

厚手のしっかりした紙に片面印刷されていて、本誌から切り離すことができるのが特徴です。

2015年に塗った絵がアーティスト・セレクションにも収録されていたので、今回はアーティスト・セレクションを使ってリベンジ塗りをしています。

 

使用した画材

三菱の36色セットの色鉛筆を使います。

大人の塗り絵を始めるときに買った色鉛筆です。

現在もちょこちょこ愛用しています。

 

今回リベンジするお花はこちら

今回は、右上にある赤い花びらのお花をリベンジします。

f:id:chizurumaro:20200326113312j:plain

 

使用色

当時使った色は、

・あか
・こいあかむらさき
・れもんいろ

の3色でした。

f:id:chizurumaro:20200326113505j:plain

前回と同じように、当時使っていた色はそのまま今回も使用し、影になる部分に使う色を1色ずつ足します。 

 

あかの花びら

まずは「あか」の花びらを塗っていきましょう。

2015年当時は「あか」1色のみで塗っていましたが、今回は影部分に「はいみどり」を重ねます。

影部分に「みどり」と「はいみどり」のどちらを使うか迷い、試しに「あか」と「みどり」を重ねたところ、影部分が黒っぽくなってしまいました。

影部分の色をもう少しマイルドにしたかったので、「みどり」よりも鮮やかさが落ち着いている「はいみどり」を使うことにしました。

 

矢印の花びら全体に、あかを薄く塗ります。

f:id:chizurumaro:20200326114852j:plain

 

花びら同士が重なって影になる部分に、はいみどりを重ねます。

f:id:chizurumaro:20200326115008j:plain

 

最後に、花びら全体にあかを重ねます。

f:id:chizurumaro:20200326115016j:plain

影部分のはいみどりを覆い隠すように。

そして、花びらの根もとから先に向けて、色が薄くなるように意識して塗りました。

 

こいあかむらさきの花びら

次に「こいあかむらさき」の花びらを塗っていきましょう。

こちらは、影部分に「ふかみどり」を足します。

「こいあかむらさき」の花びらは、前回1つ目のお花をリベンジしたときにも使った色です。

www.chizurumaro.com

前回と同じように塗っていきます。

 

矢印の花びら全体に、こいあかむらさきを薄く塗ります。

f:id:chizurumaro:20200326115038j:plain

 

花びら同士が重なって影になる部分に、ふかみどりを重ねます。

f:id:chizurumaro:20200326115054j:plain

 

最後に、花びら全体にこいあかむらさきを重ねます。

f:id:chizurumaro:20200326115104j:plain

影部分のふかみどりを覆い隠すように。

花びらの根もとから先に向かって、色が薄くなるように意識して塗りました。

 

れもんいろの花びら

最後に、「れもんいろ」の花びらを塗ります。

影部分には「やまぶきいろ」を足します。

こちらも、前回1つ目のお花を塗りなおしたときに使った色です。

前回と同じように塗っていきます。

 

矢印の花びら全体に、れもんいろを薄く塗ります。

f:id:chizurumaro:20200326115120j:plain

 

花びら同士が重なって影になる部分に、やまぶきいろを重ねます。

f:id:chizurumaro:20200326115131j:plain

 

最後に、花びら全体にれもんいろを重ねます。

f:id:chizurumaro:20200326115141j:plain

花びらの根もとから先に向かって、色が薄くなるように。

「やまぶきいろ」から「れもんいろ」へ、同系色のグラデーションになるように意識しました。

このれもんいろの花びらは、この塗り絵のすべてのお花にちょっとずつ入っています。

当時の私は差し色として考えていたんでしょうね。

 

こんな感じで、3種類の花びらを塗っていきます。

f:id:chizurumaro:20200326115157j:plain

 

2つ目のお花のリベンジ塗りが終わりました

2つ目のお花が完成しました。

f:id:chizurumaro:20200326115208j:plain

5年前に塗ったときと比べてみましょう。

f:id:chizurumaro:20200326115253j:plain
f:id:chizurumaro:20200326115301j:plain

今回もいい感じに仕上がりました。

 

終わりに

リベンジ塗り2つ目、いかがでしたか?

赤い花びらの影部分に何色を重ねるか迷いましたが、最終的に納得のいく色合いになったのでよかったです。

次回は、3つ目のぐんじょういろのお花をリベンジします。

それでは〜。

 

 

こちらの記事もどうぞ

www.chizurumaro.com

www.chizurumaro.com

www.chizurumaro.com